(朝の不快感)起立性調節障害

◎症例報告

土浦市在住 17歳男性

 

◎お悩みの症状

朝起きようとしても起きられない、無理に起きようとすると、頭痛やめまいがして立っていられなくなる。

 

◎検査、、、頸部硬直、右肩関節外転制限、右仙腸関節の硬さ、腹部の硬さ

 

◎施術、、、当院が行っている自律神経整体にて、検査にてひっかかりのあった箇所を調整する。また日常生活のなかで気にな

ったこととして、コーヒーを中心にカフェインの摂取が多かったこと、また家にてゲームをする時間が非常に多い

とのことだったので、カフェインの摂取を減らすこと、時間を決めてこの時間になったらゲームやスマホをいじら

ない、などのアドバイスをして終了する。施術後は身体の緊張がとれたかのような安堵の表情が印象的だった。

 

最初のうちは週1回のペースで来院してもらい、3回目の来院後には以前に比べ朝が起きれるようになってこたこ

と、なによりも今まではお昼ころようやく体を動かせられていたのが、朝に登校できるようになってきたこと。

学校が楽しくて仕方ない、と言っていたのが嬉しく感じた。通院の間隔を徐々に開けていき、7回7の施術にて卒

業となった。