むずむず脚症候群

あなたはこのようなお悩みはないですか?

  • 脚に虫が這っているような感触がある
  • 脚の奥のほうに気持ち悪い不快な感覚を感じる
  • 寝ている時やじっと座っているときにその不快を特に感じる
  • その不快は歩いたり運動すると軽減する
  • その不快は朝や日中より、夕方夜に多い

むずむず脚症候群って何?

『むずむず脚症候群』とは、別名「下肢静止不能症候群」あるいは、「レストレッグス症候群」と呼ばれ、脚がむずむず感じたり、そわそわした感じ、皮膚になんか虫が這うような感じがする、、、など、脚に不快な感覚の異常が認められることを指します。

 

この不快な感じは主に夕方から夜間に感じることが非常に多く、寝つきが悪くなったり不眠につながることもあります。

 

 

はっきりとした原因が分からないことが多いのですが、原因は脚にはなく、実は神経に関連しているのではないか、、、と言われています。

 

 

いわゆる脳内にある「ドーパミン」と呼ばれている神経伝達物質の異常です。

 

あるいは、生理や胃切除後、慢性消化管出血などによる鉄の欠乏も原因ではないかとも言われています。

 

 

その他に原因として考えられているものは、

 

・リウマチ ・パーキンソン病 ・脊髄小脳変性 ・多発性硬化症 ・ハンチントン病 ・糖尿や甲状腺機能障害などの内分泌疾患 ・妊娠 ・腎不全 ・慢性閉塞性肺疾患 ・うつ病 など

 

があげられています。

 

症状として現れるおもなもの、、、、、

 

 

・脚の皮膚にそわそわした虫が這う感じがする

・炭酸の泡が皮膚にまとわりつくような感じがする

・主に夕方夜間に症状がでる

 

 

そのため、就寝時に症状が出て来てしまうため寝つきが悪く、不眠につながりやすいです。

むずむず脚症候群の一般的なアプローチは、、、?

むずむず脚症候群(下肢静止不能症候群)は、鉄の欠乏が背景にあると考えられているため、鉄の補充や内服薬による治療が行われています。

 

しかし症状を悪化させている原因として、カフェインやアルコールの過剰摂取、喫煙、運動不足などの生活習慣の見直しです。

 

 

自分自身に合った適切な対策を探し、症状を緩和することが大切と言えます。

当院は(社)日本自律神経整体協会の指導のもと、あらゆる症状は自律神経の乱れからくるものと捉えています。

自律神経って何?

自律神経とは、全身の臓器などの働きを自動的に調整する神経を言います。交感神経と副交感神経の2つに分かれ、呼吸、体温、代謝、循環、吸収、分泌、生殖などの生命活動を維持する働きがあります。

 

 

『交感神経』、、、日中などの活動時や興奮、ストレス時で優位になる神経。

主に血管の収縮、血圧の上昇、発汗を促す、心拍を早める、腸のぜん動

を抑える、など。

 

『副交感神経』、、夜間などの休息時、リラックス時で優位になる神経。

主に血管の拡張、血圧の下降、発汗を抑える、心拍をゆるやかにする、

腸のぜん動を促す、など。

交感神経と副交感神経は、一方が働いているときはもう一方が休み、一方が休みに入るとも

う一方が働き始めるという特徴があります。

 

つまり、シーソーのようにお互いがバランスを取る仕組みになっています。

 

『自律神経の乱れ』とは、、、

 

自律神経の乱れとは、簡単に言うと「交感神経が働きすぎる」、あるいは「副交感神経が働きすぎる」状態になることです。

 

 

● 強いストレスや食べ過ぎ飲み過ぎで交感神経が働きすぎると、休息すべき時間になっても

副交感神経に切り替わってくれません。

すると、動悸や不眠、高血圧、便秘、多汗、頭痛、パニックなどの症状が出やすくなります。

 

● 働きすぎた交感神経がダウンする、だらだらメリハリのなさすぎる生活をしていると、

副交感神経が働きすぎる状態になります。

すると、朝起きれない、漠然とした不安、下痢などのアレルギー、かゆみなどの症状があ

らわれてきます。

 

こういった自律神経の乱れからくる症状を、『自律神経失調症』と言います。

 

しかしながら、自律神経が失調になる原因は、主に普段の生活の中にあると考えます。ですから根本的な改善にはまず、ご自身の生活の見直しが必要になるのです。家庭内での人間関係や、食事の片寄りなどがそれにあてはまります。

 

 

 

 

 

自律神経失調症(不定愁訴とよばれるもの)の4つの原因

  1. 食事、薬、毒素、、、栄養状態、糖質、添加物、薬害など
  2. ストレス、、、、、、人間関係、仕事、考え方の癖、トラウマなど
  3. 環境、、、、、、、、気候、住環境、電磁波、放射能など
  4. 過去、、、、、、、、過去のケガ、病気、体調不良など

これらの4つの原因が様々に絡み合うことで頭痛やめまい、不眠をはじめとした症状が現れてきます。

また、長期的に蓄積されてきた原因にきっかけとなる出来事が重なり合うことで症状が表面化していきます。

 

 

 

当院では自律神経の司令塔である「脳幹」にアプローチしていきます。

 

この脳幹は首の付け根の奥に位置しています。つまり首の詰まりやズレをそっと触れるだけの優しい力で調整していきます。

 

 

※お客様の感想であり、効能効果を保証するものではありません。

選ばれる5つの理由

理由1

検査やカウンセリングを非常に重視した対応

検査画像

初診の時はカウンセリングと検査に特に多くの時間を割きます。事前にしっかりと行い、不調の原因を探し出すことから始めています。

 

いたみがあるからといって、その部分ばかりの施術になってはいないですか? 当院では不調の原因をはっきりとさせることで、的確な対処が可能になると考えています。

 

そのためにはカウンセリングと、施術前と後の検査をお身体のチェックをしながら行っていきます。

選ばれる理由2

いたみや不調の原因を徹底的に探るのに力を入れている

施術風景

多くの方が、首肩、腰が凝るとマッサージに行かれることが多いと思われますが、なかなか改善しないと相談されることも多いのが現状です。 実は筋肉のコリは結果であって原因ではないことが多いのです。

 

根本的には肉体、環境、精神などの3つのストレス背景があり、その不調の原因をからだりせっと独自の検査にて探し出し、的確にアプローチすることで、何年も悩まれたいたみや症状が改善していくのです。

 

※お客様の感想であり、効能効果を保証するものではありません。

理由その3

あなたに適した日常生活の過ごし方やセルフケアのアドバイス

昨今、テレビやインターネット、雑誌などでは「○○が健康にいい」、「○○を食べると○○に効く」、など、、、ありとあらゆる情報があふれかえっている世の中になっています。

 

あれもこれもに手を出しているのにちょっと効果を感じなかったり、続けているのに大して効果を感じなかったり、、、。なぜ効果を感じられなかったのでしょう、、、? ずばりそれはあなたに合ってないからなのです。

 

当院では一人一人に合ったセルフケアや対応をします。

 

当院では、

 

①自律神経、関節の可動域、内臓の相互のバランス

②食事や姿勢などの生活習慣

③過去の病気やケガなどで心身のバランスを崩した原因

以上の3つを視点として施術していきます。

 

 

①~③のバランスを少しでも早く改善に導いていき、コンディションの良い状態を少しでも長く保てるよう根本から変えられるよう、その方に合ったセルフケアや生活習慣をアドバイスしていきます。

 

 

施術を行うことでいたみ、シビレなどの不調から解放されるだけでなく、当院の目指す再発を防ぐカラダを手に入れることができることでしょう。

 

 

(※施術の効果には個人差があります)

 

理由4

施術前と施術後のお身体の変化を毎回確認しています

当院ではいたい箇所だけに焦点をあてず、体全身のトータルバランスをみます。そして、施術前と後でお身体がどのように変化したのかを、20項目以上の検査をしながら一緒に体感していただくので、身体が良くなっていくのが実感しやすいです。

 

そうすることで、自分自身でももっと良くなろうとする意欲がでてきて、いたみや不調から解放されたいと思うだけでなく、健康になったら何がしたいのか?という目標に近づいていき