風邪のひきはじめに葛根湯?

10月後半になり、朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。かと言って昼間は少し動くと汗ばむくらいに気温が上がり、着るもので注意しないといけません。風邪をひいている方がめだちます。

 

よく巷では、ひきはじめには葛根湯、、、とは言われますが、これちょっと注意しなければいけないことがあるんです。

 

風邪にも種類があって、ゾクゾク寒気がする風邪となんだか熱っぽい風邪ってありますよね。

 

いわゆる  風寒型、、、寒気、頭痛、無汗、咳など

風熱型、、、発熱、口渇、微汗、のどの痛みなど

に分かれますが、この風熱型の風邪のときに葛根湯を服用すると、かえって悪化するときがあります。

なぜなら葛根湯の成分は身体を温める作用があるからです。上記のような風寒型の風邪の時にのみ葛根湯を飲まれてくださいね。あとはこじらせないように早めに医療機関へ受診をされてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加