坐骨神経痛

◎症例報告

30代 男性 会社員 土浦市在住

◎お悩みの症状

1年ほど続く左殿部から左下肢への疼痛、座っていられない、立ってたり動いているときは問題ない

 

◎検査

座位にて両上肢外転制限(120度くらい)、左仙腸関節硬直、仰臥位にて左下肢内旋制限、左上肢内旋制限

 

◎施術

当院が行っている自律神経整体にて、キネシオロジー的に反応があったものは、大腸、右脾経、肝臓、第2チャクラ。

消化器系の働きが大分落ちている様子。聞くとパン類や麺類などの糖質をよくとっているようだ。糖質の取り過ぎは

消化器系の働きを落とし下垂していくため、骨盤を歪ませたりする原因となります。骨盤が歪むと殿部の筋肉の左右

バランスが悪くなり坐骨神経などの通りを阻害する一因となります。

 

反応のあった箇所を調整し、動きを再度検査すると問題なくなったので、1週間後の来院をすすめ、終了とした。

 

慢性的に腰痛があったり、身体の歪みが気になるかたにほとんど共通しているのが『内臓の疲労』。それにはいろい

ろな要因が考えられるが、食生活の偏りである場合が圧倒的に多い。

 

様々な症状の原因は、その人の生活のなかにある、、、というのを施術に加えアドバイスをさせていただいています。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事