ぎっくり腰の痛み

◎症例報告

 

◎60代男性 建築業 土浦市在住

 

起床してから前かがみになった瞬間腰に激痛が走り来院される。前かがみで痛みをかばうような姿勢で横になったりするのがキツそうだったため、座位姿勢にて検査。

 

検査、、、、、首左回旋、左肩関節外転、内旋。右骨盤の固さ、左足首内反。右広背筋。右横隔膜固さ。

 

当院で行っている自律神経整体にて反応のあったところは、s状結腸、肝臓、膀胱経、尾骨。左頭頂骨。

 

それぞれを調整したところ、7割ほど改善がみられ後屈が先ほどよりできるようになる。

さらに状態をよくするには? → 頸椎2番

 

調整したところ立ち上がることができ、前かがみの姿勢から大分まっすぐに立てるようになった。

 

状態をもっとよい方向にもっていくため、3日後の来院をすすめ診ていくことにした。

 

2回目の来院時では前かがみだった姿勢もだいぶまっすぐになっており、夜もよく眠れている

とのこと。  前回と同様の施術を行い、ほとんど痛みがなくなったためメンテナンスとして月1で来院されている。

 

 

 

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰

この記事に関する関連記事